未分類

【2021年最新】おすすめな光回線とプロバイダの選び方をシンプルにわかりやすく解説する。

2021年9月17日更新

・今!最もお得になる光回線や販売代理店の選び方を教えてほしい!

・光回線業者の契約、乗り換えを検討している。

・光回線が複雑すぎてわけわからんので、シンプルにパパっと解説してほしい。

こちらの記事では上記のような方に向けて、あなたご自身にあった光回線の選び方と、最もお得にキャッシュバックがもらえる契約窓口をご紹介していこうと思います。

できるだけシンプルに、プロバイダなどの用語も解説しながら説明していくので、時間の許す限り見ていってください。

あなたはどの光回線を選ぶべきか

現在、光回線業者の種類は20種類を超えているといわれています。

この種類の多さに加えて、契約内容の複雑さ、料金面の比較、少しでもキャッシュバック額を高くしようと色々と調べている途中にプロバイダ?なんてものも出てきてからに。。

結局どの光回線がおすすめなのか、調べてもわけわからん状況になっている人が大半かと思われます。

そんな方のために、光回線の選び方を解説する図を用意しました。

光回線を選ぶ基準は、まず自身の使っているスマホから

光回線を選ぶ際の最低限の基準は、自身の使用しているスマホキャリアと回線キャリアが同じかどうかです。

そのほうがスマホとのセット割で圧倒的に安くなるからですね。

ドコモのスマホを使用しているのであればドコモ光

auのスマホを使用しているのあればau光

ソフトバンクのスマホを使用しているのであればソフトバンク光のようにです。

このセット割に勝る料金の値下げプランやキャンペーンは無いので、基本的に光回線を選ぶ際の基準は自身の使用しているスマホから判断するようにします。

※上記図のように住んでいる場所(対応エリア)等によって例外あり

各光回線の速度は、ぶっちゃけNURO以外一緒なの

Twitterなどでドコモ光は遅いだのソフトバンク光は早いだの言っていますが、あれは正確に言うと間違いです。

なぜなら、

NURO光を除いて、最大回線速度は「ドコモ光」も「au光」も「ソフトバンク光」も「so-net光」も全部一緒だからですね。

最大回線速度はすべて1Gです。

(NURO光だけ2Gです。つよい。)

ではなぜあのようなツイートがつぶやかれてしまうのか。

それは、利用しているプロバイダが貸し出してくれるWi-Fiルーターによって回線速度が変わってくるからです。

ここでプロバイダに関してのざっくりとした説明を。

プロバイダとは、光回線とインターネットをつなぐ業者と覚えるのが一番簡単かつ分かりやすいかと思います。

こんな端末、見たことあるじゃないですか。(右側の白いヤツです。)

ざっくりWi-Fiルーターっていうんですけど、光回線とインターネットを繋ぎつつ、こういった機器を貸し出してくれる業者をプロバイダと呼びます。

つまり光回線を契約しようとした場合は。

どの光回線を利用するかと、どのプロバイダを利用するか(どの販売代理店にするか)を決めなければなりません。

このプロバイダは、各光回線によって決まっている(複数存在する場合もある)のですが、これから最もお得かつ回線速度の速いルーターを貸し出してくれるプロバイダを光回線ごとに紹介していくので安心してください。

というわけで、最初に紹介した図からご自身に当てはまるものを下記より選んでみてください。

各光回線キャリアの特徴、最もお得になるプロバイダや販売代理店等をシンプルに解説いたします。

ドコモのスマホを利用している場合はこちら>>>

auのスマホを利用している場合はこちら>>>

ソフトバンクのスマホを利用している場合はこちら>>>

SIMフリー等、その他のスマホを利用している場合はこちら>>>

※記事内の各光回線詳細項目に飛びます。

ドコモのスマホを利用している場合

まず最初の図にも記載されていた通り。

ドコモの携帯を利用している場合は、迷わずドコモ光を契約しましょう。

ドコモ光

ドコモのスマホ料金が最大月額1,000円割引(2年換算で24,000円割引)

ドコモのスマホを利用していれば、スマホ代が毎月最大1,000円割引されるセット割が適用されます。

こちらに加えて、ファミリー割引というドコモの家族グループを組めば、家族のスマホ代も割引されるんですね。

例えば家族4人共がドコモのスマホを利用している場合、最大4,000円割引されることも考えると、ドコモのスマホを利用している方は間違いなくドコモ光がお得です。

プロバイダはGMOとくとくBB一択

ドコモ光では、現在20社以上のプロバイダを選ぶことができます。

この数あるプロバイダの中で最もキャッシュバック額が高く、回線速度の速い端末を貸し出してくれるのが「GMOとくとくBB」です。

キャッシュバック額は最高水準の20,000円

現在ドコモ光経由のプロバイダ会社の中では、20,000円が最高キャッシュバック額となります。

この20,000円キャッシュバック額を出してくれるプロバイダは、現在GMOとくとくBB@niftyの2社しかなく、キャッシュバック額面だけでみると20社のうち2社に絞られます。

他の18社はここまでのキャッシュバック額を付与してくれない(これ以上の額を付与してくれる場合もあるが、追加で月額料金の増えるオプションに加入する必要あり)ので、残る判断基準は回線速度となります。

v6プラス対応に加えて回線速度が圧倒的に速い

プロバイダは契約時に無料でWi-Fiルーターを貸出してくれます。

ただし各プロバイダごとに貸し出してくれるWi-Fiルーターの種類が違うため、ここで回線速度に差が出てしまうんですね。

貸出WiFiルーター 最大通信速度(5GHz)
GMOとくとくBB WSR-2533DHP3
(BUFFALO)
1733Mbps
Aterm WG2600HS
(NEC)
1733Mbps
WRC-2533GST2
(ELECOM)
1733Mbps
ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 867Mbps
@nifty WRC-1167GS2H-B
(ELECOM)
867Mbps

この表を見てもわかる通り、GMOとくとくBBが貸し出してくれるWi-Fiルーターが圧倒的に速いです。

こちらに加えてGMOとくとくBBではv6プラスに標準対応しているため、選ばない理由がないですね。

【v6プラスとは何か】 

インターネットの利用者が多い時間帯や回線の混雑時に、自動的に通信方法を変更する方式。

電波が安定し尚且つ通信速度も速くなるという、現時点で最強の通信方式

開通工事費が完全無料

【2021年9月17日時点の情報です】

ドコモ光に新規申し込みで工事費が完全無料になるキャンペーンが実施中です。

どのプロバイダや代理店経由だとしても完全無料となるキャンペーンであるため、なおさらキャッシュバック額が最も高いGMOとくとくBB経由での申し込みがお得になっております。

マンションタイプだと15,000円。戸建てタイプだと18,000円かかる工事費が0円になるため、申し込むなら今しかないと思われます。

※このキャンペーンは予告なく終了する場合があります。

GMOとくとくBB経由でドコモ光を申し込む>>> 

ドコモ光の公式HPはこちら>>> 

auのスマホを利用している場合

auのスマホを利用している場合は、au光もしくはBIGLOBE光を利用しましょう。

「問答無用でauひかりじゃないの?」と思われるかもしれませんが、au光には利用できるエリアが限られます。

東海・関西・福井・沖縄以外のエリアにお住まいの方は利用できるのですが、こちらに在住されている方はauひかりを利用することができません。

そこで、auのスマホを持っていることで月額料金が安くなる「auセット割」を展開しているBIGLOBE光の出番です。

auひかり対応エリア内の方は、auひかりを。

auひかり対応エリア外の方は、BIGLOBE光を利用するのが最もお得だといえます。

auひかり

auのスマホ料金が月額最大1,000円割引(2年換算で24,000円割引)

auのスマホを利用していれば、スマホ代が毎月最大1,000円割引される「auスマートバリュー」が適用されます。

こちらに加えて、auスマートバリューは家族グループにも適用されるので、家族のスマホ代も割引されるんですね。

例えば家族4人共がauのスマホを利用している場合、最大4,000円割引されることも考えると、auのスマホを利用している方は間違いなくauひかりがお得です。

プロバイダはGMOとくとくBB一択

auひかりでは、現在8社のプロバイダを選ぶことができます。

この数あるプロバイダの中で最もキャッシュバック額(月額割引)が高く、回線速度も速いのが「GMOとくとくBB」です。

キャッシュバック額は最高水準の50,000円

現在auひかり経由のプロバイダ会社の中では、50,000円が最高キャッシュバック額となり、こちらの金額のキャッシュバックを受けれるのは「GMOとくとくBB」のみです。

余計なオプションへの加入も必要なし、加えてひかり電話も無料でつけることができます。

ちなみにGMOとくとくBBには割引プランが2つ存在しており。

・50,000円のキャッシュバックプラン

・35,000円キャッシュバック+月額割引プラン

となっております。

しかしながら最終的な割引額を考慮すると、50,000円のキャッシュバックプランのほうがお得なため、こちらを選んだほうが得策だといえますね。

v6プラス対応に加えて回線速度が速い

プロバイダは契約時に無料でWi-Fiルーターを貸出してくれます。

ただし各プロバイダごとに貸し出してくれるWi-Fiルーターの種類が違うため、ここで回線速度に差が出てしまうんですね。

GMOとくとくBBの貸し出してくれるWi-Fiルーターは、他プロバイダの中でも最高水準の速度を誇るため、速度面を見てもGMOとくとくBBは優れています。

さらにv6プラスに標準対応しているため、キャッシュバック額面、速度面からみて、申し込むのであればGMOとくとくBB一択かと思われます。

【v6プラスとは何か】 

インターネットの利用者が多い時間帯や回線の混雑時に、自動的に通信方法を変更する方式。

電波が安定し尚且つ通信速度も速くなるという、現時点で最強の通信方式

開通工事費が実質無料

【2021年9月17日時点の情報です】

GMOとくとくBB経由でauひかりに新規申し込みすると、工事費が実質無料になるキャンペーンが実施中です。

一部のプロバイダや代理店経由で対象となっており、キャッシュバック額の最も高いGMOとくとくBB経由でも対象となっております。

※このキャンペーンは予告なく終了する場合があります。

GMOとくとくBB経由でauひかりを申し込む>>>

auひかり公式HPはこちら>>>

BIGLOBE光

auセット割適用で月額料金が圧倒的に安くなる

BIGLOBE光には、auセット割という割引オプションがついています。

こちらを適用することにより、マンションタイプですと月額2,780円。

ファミリータイプ(集合住宅等)ですと月額3,780円で利用することができます。

ちなみによくso-net光と比較されることが多いですが、auのスマホを使用しているのであれば、上記で述べたようにBIGLOBE光一択です。

so-net光でも「auスマートバリュー」を適用できるのですが、こちらが500円引き+電話加入必須に対し、BIGLOBE光の「auセット割」は最大1,200円引き(電話加入必須ではない)となります。

BIGLOBE光とso-net光は、回線速度、プロバイダ速度、契約事務手数料、工事費、諸々…月額料金面以外はすべてほぼ同じ条件となっているため、auの携帯を利用していてauひかりエリア外の場合は場合はBIGLOBE光がおすすめです。

申込会社は株式会社NEXTが最もお得

BIGLOBE光の場合、契約できるプロバイダはBIGLOBE一択となります。

そのため、BIGLOBE光内で迷いが出るとしたら、契約時の販売代理店によるキャッシュバック額です。

こちらに関しては、2021年9月17日現在、「キャッシュバック額+工事費割引額」が最も高い株式会社NEXT経由の申し込みがおすすめです。

株式会社NEXT以外の申し込み窓口は、工事費割引の適用期間が40ヵ月間なので、工事費を実質無料にしたい場合、36ヵ月目の契約更新月に解約ができません。

もし契約更新月に解約をしてしまうと、4ヵ月分の工事費が一括請求されてしまうので、割高になってしまうという落とし穴があるんですね。

そのため、BIGLOBE光を契約するとしたら株式会社NEXT一択だといえます。

株式会社NEXT経由でBIGLOBE光を申し込む>>> 

BIGLOBE光公式HPはこちら>>>

ソフトバンクのスマホを利用している場合

ソフトバンクのスマホを利用している場合は、ソフトバンク光もしくはNURO光を利用しましょう。

「問答無用でソフトバンク光じゃないの?」と思われるかもしれませんが、NURO光対応エリア内で一戸建て(条件を満たせばマンションタイプでも利用可)であれば、料金面、回線速度面などから見ても、圧倒的にNURO光がお得です。

NURO光ではソフトバンクのスマホを利用している場合に限り、おうち割光セットを適用できるので圧倒的に料金面で安くなるんですね。

NURO光エリア外、もしくは住んでいる場所がマンションタイプである場合は、ソフトバンク光を利用したほうがお得になります。

【NURO光の対象エリア】

関東:東京 千葉 神奈川 埼玉 茨城 栃木 群馬

東海:愛知 静岡 岐阜 三重

関西:大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良

九州:福岡 佐賀

北海道:石狩市 恵庭市 江別市 小樽市 札幌市 千歳市

ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホ料金が月額最大1,000円割引(2年換算で24,000円割引)

ソフトバンクのスマホを利用していれば、スマホ代が毎月最大1,000円割引される『おうち割』が適用されます。

こちらに加えて、『おうち割』は家族グループにも適用されるので、家族のスマホ代も割引されるんですね。

例えば家族4人共がソフトバンクのスマホを利用している場合、最大4,000円割引されることも考えると、ソフトバンクのスマホを利用している方は間違いなくソフトバンク光がお得です。

※最大1,000円割引されるには「光セットオプション」(月額500円)に加入する必要がありますが、確実に加入したほうが良いです。理由は下記にて説明いたします。

プロバイダはYahoo!BBしか選べない

ソフトバンク光では、プロバイダは「Yahoo!BB」しか選ぶことができません。

品質に関しては安心できるもので、OCNの次に利用者数が多いということで有名なプロバイダです。

v6プラス対応に加えて回線速度が圧倒的に速い

プロバイダは契約時に無料でWi-Fiルーターを貸出してくれます。

「Yahoo!BB」が貸し出してくれるWi-Fiルーターはv6プラス対応のものを貸し出してくれるので、回線速度に関して心配することはありません。

ちなみにv6プラスを利用する為には「光BBユニット」という専用Wi-Fiルーターをレンタル(500円/月)する必要があります。

しかし「おうち割」を受けるために加入する「光セットオプション」に含まれているので、おうち割での割引+v6プラスが使えるようになり一石二鳥です。

【v6プラスとは何か】 

インターネットの利用者が多い時間帯や回線の混雑時に、自動的に通信方法を変更する方式。

電波が安定し尚且つ通信速度も速くなるという、現時点で最強の通信方式

申し込み窓口はアウンカンパニー経由が最もお得

ちなみにソフトバンク光内で、契約時に迷いが出るとしたら、公式から申し込むか販売代理店から申し込むかだと思われます。

ソフトバンク光の場合は、基本的に代理店経由の申し込みのほうがキャッシュバック額が多くなります。

しかし代理店も複数存在しており、比較するともらえるキャッシュバックのお金や受け取るためのハードルが全然違うため、ここでも迷ってしまいますよね。

その中で無駄なオプション加入がなく、キャッシュバックの受け取り時期が最も早く、手続きがいらないのが、アウンカンパニーです。

申し込み会社 CB額(円) CB条件
アウンカンパニー 36,000
条件無し
LifeBank 75,000 ×
Softbank Airへの加入(月額料金が約4,000円増)
株式会社STORY 80,000 ×
Softbank Airへの加入(月額料金が約4,000円増)

上記はソフトバンク光の代表的な代理店3社を比較した表です。

見てもわかる通り、キャッシュバックを追加オプションなしで申し込め、受け取り時期が圧倒的に早く、別途手続きをする必要がないアウンカンパニー経由の申し込みが圧倒的におすすめです。

アウンカンパニー経由でSoftBank光を申し込む>>> 

Softbank光公式HPはこちら>>>

NURO光

ソフトバンクのスマホ料金が月額最大1,000円割引(2年換算で24,000円割引)

ソフトバンクのスマホを利用していれば、スマホ代が毎月最大1,000円割引される『おうち割』が適用されます。

こちらに加えて、『おうち割』は家族グループにも適用されるので、家族のスマホ代も割引されるんですね。

そのためソフトバンクのスマホを利用している方の方が、お得にNURO光を利用することができます。

ただ、NURO光の回線速度は下記に記述するように圧倒的に速いので、値段は気にせず純粋に速度だけを求めるといった方にも十分おすすめできます。

【NURO光の対象エリア】

関東:東京 千葉 神奈川 埼玉 茨城 栃木 群馬

東海:愛知 静岡 岐阜 三重

関西:大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良

九州:福岡 佐賀

北海道:石狩市 恵庭市 江別市 小樽市 札幌市 千歳市

プロバイダはso-netしか選べない

NURO光では、プロバイダは「so-net」しか選ぶことができません。

こちらに関してはso-net自体が安心して利用できるプロバイダなので、何の問題もありません。

v6プラス対応に加えて回線速度が圧倒的に速い

プロバイダは契約時に無料でWi-Fiルーターを貸出してくれます。

「so-net」が貸し出してくれるWi-Fiルーターはv6プラス対応のものを貸し出してくれるので、回線速度に関して心配することはありません。

むしろNURO光の光回線速度自体が2Gと、他の光回線よりも圧倒的に凌駕しているので、複数台のスマホやパソコンをWi-Fiで繋いでも速い速度が期待できます。

マンションでも平均300Mbps~400Mbpsほどの速度が出るため、圧倒的な回線速度を求める方には非常におすすめです。

【v6プラスとは何か】 

インターネットの利用者が多い時間帯や回線の混雑時に、自動的に通信方法を変更する方式。

電波が安定し尚且つ通信速度も速くなるという、現時点で最強の通信方式

マンションでも利用できるが条件が厳しめ

NURO光ではマンションにお住まいの方向けに「NURO光forマンション」というプランも提供していますが、契約には厳しい条件があります。

➀3階建て15戸以上の建物
➁同じマンション内に4人以上の利用者がいる

この2つの条件をクリアしなければ契約ができませんが、条件が最大限適用された場合は1,900円という最安水準の料金で光回線を利用することができます。

開通工事費が実質無料

開通工事費については、NURO光公式もしくは一部の代理店経由で申し込むことにより、月額料金から工事分割費が割り引かれ実質0円となります。

通常40,000円かかる工事費が実質無料となるので非常にお得です。

開通工事が2回あるのが少し不便かも

光回線の開通工事は通常1回で終わるものがほとんどですが、NURO光の場合は宅内と屋外の2回に分けて作業をしていくため、開通までに1~2ヶ月ほどかかります。

しかしながら、追加料金5,000円を支払えば2回の工事を1日で終える(同日工事)ことができます。(※関東エリアで戸建てにお住まいの方限定)

おそらく爆速回線を求めている方はゲーマーである方がほとんどかと思うので、同日工事をやらない手はないですよね…。わかります、、、。

申し込み窓口はNURO公式経由が最もお得

NURO光内で、契約時に迷いが出るとしたら、公式から申し込むか販売代理店から申し込むかだと思われます。

結論から言うと、NURO光を契約するのであれば公式から契約するのが最もお得かつ安心できるかと思われます。

申し込み窓口  CB 受け取り難易度
NURO公式 45,000円 ◎ 受け取り手続きが必要で忘れる可能性ありだが、キャッシュバック額が高額
アウンカンパニー 35,000円 〇 受け取り手続きなしで35,000円が振り込まれる
LifeBank 50,000円 △ 複数の指定オプションへの加入が必須

上記はNURO光の主要な販売代理店と公式とを比較した表です。

個人的には面倒な手続きなしで35,000円を受け取れるアウンカンパニー経由もお得だとは思うのですが、やはりキャッシュバック額が圧倒的に変わってきます。

NURO光公式の場合は、開通翌月15日後に受け取り手続きが必要なので手間がかかるので、もし自身が受け取りを忘れそう…と思うのであれば、アウンカンパニー経由での申し込みでもよいかと思われます。

受け取り手続きを忘れる心配はない!少しでもキャッシュバック額を増やしたい!なんて人は、NURO光公式からの申し込み一択です。

まぁ1万円の差額は大きいので、NURO光の場合は公式からの申し込みをおすすめします。

NURO光公式から申し込む>>> 

NURO光公式HPはこちら>>>

SIMフリー等、その他のスマホを利用している場合

SIMフリーやMVNO等、キャリアに属していないスマホを利用している場合。

この場合に選ぶべき光回線は、NURO光対応エリア内であればNURO光を、対応エリア外であればSo-net光をおすすめします。

NURO光の対応エリアに関しては下記のとおりです。

【NURO光の対応エリア】

関東:東京 千葉 神奈川 埼玉 茨城 栃木 群馬

東海:愛知 静岡 岐阜 三重

関西:大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良

九州:福岡 佐賀

北海道:石狩市 恵庭市 江別市 小樽市 札幌市 千歳市

NURO光はその圧倒的な速度に加え、単純に月額料金が安いといったメリットがあります。

詳細に関してはこちらに記述している(記事内のNURO光詳細ページに飛びます)ので、上記対応エリア内であれば確認してみてください。

エリア外の場合に最もお得になる光回線は、下記に記述しているSo-net光です。

So-net光

BIGLOBE光と比較されがちだが…

SIMフリー等、どのキャリアにも属していないスマホを利用している場合。

この場合に光回線を調べてみると、おそらくBIGLOBE光かSo-net光かのどちらにするべきか、最終的に落ち着くかと思われます。

それもそのはず、現時点(2021年9月17日)で月額料金を非常に抑えつつ安定した回線を提供できるのは、so-net光もしくはBIGLOBE光のみとなるからですね。

その他の回線でも月額料金が安いものはあるのですが、v6プラス(現時点で最強の通信方式)に対応していなかったり、色々と落とし穴があるようです。

Wi-Fiルーター分(月額400円分)So-net光のがお得

So-net光 BIGLOBE光
エリア 全国
通常月額料金 3,480円 3,500円
最大速度 1Gbps 1Gbps
Wi-Fiルーター
レンタル
永年
無料
6ヶ月
無料
プロバイダ ソネット ビッグローブ
v6プラス 無料 無料
auスマホ特典 【auスマートバリュー】
最大500円引き
【auセット割】
最大1,200円引き
解約金 20,000円

上記表は、So-net光とBIGLOBE光のエリア、月額料金諸々を比較した表です。

見てもわかる通り、月額料金Wi-Fiルーターレンタル、auスマホ特典部分以外は条件が同じとなります。

auスマホを使用している場合は、月額の割引金額から、下記に記載するBIGLOBE側のデメリットを差し引いてもBIGLOBE光の方がお得ですが、その他のスマホを利用している場合…。

月額料金だけ見ると、差は月額20円ほどなのでどちらでも良いとなりがちですが、So-net光を選ぶべきポイントは、Wi-Fiルーターが無料レンタルできるか否かです。

So-net光はWi-Fiルーターが永年無料

So-net光は公式から申し込むことにより、Wi-Fiルーターのレンタル代が永年無料となります。

月額400円かかる費用が無料になるのは非常に大きいですよね。

対してBIGLOBE光では、Wi-Fiルーターのレンタル代の無料期間は最大でも6ヶ月間までです。(株式会社NEXT経由のみ)

既にWi-Fiルーターを所持している場合は関係ないのですが、それでも月額料金が20円ほど安いSo-net光の方がお得ですよね。

契約会社はSo-net公式一択

申し込み窓口  CB 受け取り難易度
So-net公式 74,400円 ◎ 受け取り手続きが必要で忘れる可能性ありだが、キャッシュバック額が最高額
BIGUP
株式会社
50,000円 〇 受け取り手続きなしで35,000円が振り込まれる
株式会社
Grand
Network
60,000円 △ 複数の指定オプションへの加入が必須
株式会社
NEXT
62,000円
ブロード
バンド
52,000円

上記表は、So-net光の主要な代理店とSo-net光公式とのキャッシュバック額を比較したものです。

ぱっと見でもわかる通り、圧倒的に公式からの申し込みの方がお得です。

公式ではキャッシュバックこそ存在しませんが、2年間の月額割引により総額74,400円分安くなります。

3年目以降は工事費用分も追加で割引されていくので、So-net光に関しては確実に公式からの申し込みがお得だと言い切れますね。

So-net光公式経由で申し込む>>> 

So-net光公式HPはこちら>>>